Hanes(ヘインズ)の年代別タグガイド

ヘインズは1901年にアメリカ・ノースカロライナ州で誕生したブランドです。

元々たばこ事業を営んでいたヘインズ家が、その後事業を売却して繊維業に投資したところからヘインズの歴史が始まりました。

創業から100年以上の歴史を誇るヘインズは、今や無地Tシャツの定番として世界中の人々の暮らしに馴染むブランドです。

本記事ではそんなヘインズの歴史と共に、古着Tシャツやスウェットのタグを年代別に見ていきたいと思います。

Hanes(ヘインズ)の年代別タグの変化

創業当時は、紳士用のアンダーウエアをメインに製造していたヘインズ。初期から現在に至るまでさまざまなタグに変化してきました。

それぞれ年代ごとに見ていきましょう。

  • 1924〜1940年代
  • 1950年代
  • 1970年代
  • 1970〜1980年代
  • 1980〜1990年代前半
  • 1990年代

1924〜1940年代

画像引用:hanes.jp
画像引用:undershirtguy.com

1924年に発表されたヘインズ初代となる”赤ラベル”。外枠の白いライン、HANESのロゴの”E”と”S”の下がクロスしているのが特徴です。

その後1947年には、ヘインズのロングセラー商品『3PパックT』が誕生します。

1950年代

画像引用:hanes.jp
画像引用:raggedythreads.com

1950年代に入り、フラットなロゴデザインに変わります。この時はまだロゴが大文字の”HANES”です。

1970年代

画像引用:hanes.jp
画像引用:theclothingvault.com

70年代になるとロゴが小文字表記に変わります。商標登録済みを意味する小さな”R”(レジスターマーク)も印字されています。

このロゴデザインはカラーバリエーションがあり、写真のタグのようなブラックの他、グリーンなどがあります。

画像引用:theclothingvault.com

70年代には、写真のような白抜きのロゴにオレンジの三角が特徴的なタグも出現します。

1970〜1980年代

初期のBEEFY-T

1975年には、今もヘインズを代表するヒット商品BEEFY-Tが誕生します。

Hanesタグ

こちらも同時期のタグですが、これまでと違いタグの素材がツルッとした化学繊維に変わっているのがわかります。

1980〜1990年代前半

Hanesタグ
Fifty-Fifty

1980年代に入り、ブルーを基調にしたロゴデザインに変わります。このタグは1980〜90年代前半頃まで流通し、古着でもよく目にするタグです。

Hanesタグ
BEEFY-T

この時期のBEEFY-Tのタグには、商標登録済みの”R”が印字されています。

Hanesタグ
スウェット”Hanes Classics”

こちらは『Hanes Classics』というシリーズで、スウェットに付いていた刺繍タイプのタグです。

この時期のタグを見ると、MADE IN USAだけでなく、海外製造へ徐々に移行しているのがわかります。

1990年代

Hanesタグ
Tシャツ
Hanesタグ
スウェット(刺繍タグ)

1990年代には、赤い四角で囲われた”H”のロゴデザインが出現します。サイズ表記や生産国はこれまでと違い3ヶ国語で印字されています。

Hanesタグ
BEEFY-T
Hanesタグ
COMFORT BLEND

また同時期には、2枚重なったタグも出現します。

Hanesタグ2枚目
2枚タグ

タグの2枚目には、素材や生産国、洗濯表示などの情報が3ヶ国語で印字されています。1994年の北米自由貿易協定の影響で、このタイプのタグが増えたと推測します。

北米自由貿易協定(NAFTA)
アメリカ・メキシコ・カナダの3カ国間の関税をなくし、自由貿易を推進することを目的として1994年に発効。これを機に貿易が大幅に拡大。

現行のタグは?

現行のBEEFY-Tタグ

現行は生地に直接プリントする”タグレス”が主流です。

現在ヘインズから販売されているBEEFY-TパックT、日本人向けに作られたJapan Fitも全てこのタグレスが採用されています。

Hanes(ヘインズ)古着タグ番外編

ヘインズはこれまでさまざまなシリーズ商品を発売してきました。ここでは番外編として、古着で見つけたヘインズのシリーズタグをいくつかご紹介します。

番外編①:パックT

ヘインズタグ
パックT

こちらは90年代の3PパックTのタグです。

90年代はジャマイカやドミニカなど、カリブ海諸国での製造が増えたのも特徴で、写真のタグにもアメリカの素材を使ったジャマイカ製とプリントされていました。

番外編②:Hanes SPORT(ヘインズスポーツ)

画像引用:hanes.jp
画像引用:thecaptainsvintage.com

ヘインズスポーツは、1960年代に誕生したシリーズです。当時のタグにはフラッグが描かれています。

Hanesタグ
Hanes SPORT

こちらは古着スウェットに付いていたHanes SPORTのタグです。ロゴデザインと製造国(MADE IN USA)から、90年代のタグだと推測します。

番外編③:Hanes Her Way(ヘインズハーウェイ)

Hanes Her Wayは、1985年に女性向けに発足したシリーズです。

Hanes_Her_Wayタグ
Hanes Har Way

このタグは古着スウェットに付いていたタグで、TMマーク、USA製、スウェットの作りから見て、80年代後半〜90年代前半のものだと推測します。

Hanes_Her_Wayタグ
Hanes Har Way

こちらは古着Tシャツに付いていたタグで、ロゴデザインから2000年以降のものだと推測します。

Hanes(ヘインズ)年代別タグガイドまとめ

ヘインズの年代別タグをご紹介しました。

ヘインズは歴史が古く、これまでさまざまなタグやシリーズが誕生して今に至ることがわかります。

古着はもちろんですが、長い歴史の中でアップデートされてきたヘインズの現行Tシャツもおすすめですのでぜひチェックしてみてください。

▶︎ヘインズBEEFY-Tレビュー
▶︎ヘインズ3PパックTシャツレビュー
▶︎ヘインズ ジャパンフィットをレビュー

また、ヘインズ以外の古着Tシャツの年代を判別する方法は以下記事をご覧ください。

▶︎古着Tシャツの年代を判別する方法まとめ【ボディーブランド別】

以上、最後までご覧いただきありがとうございました。