ヴィンテージTシャツの見分け方|5つのヒント

  • ヴィンテージTシャツの見分け方を知りたい
  • ヴィンテージTシャツにはどんな特徴があるの?

そんな疑問にお答えします。

本記事では、ヴィンテージTシャツを見分ける5つのヒントをご紹介します。

ヴィンテージTシャツにはいくつかの特徴があり、それをヒントにある程度の年代を判別することができます。

ここでご紹介する内容は、特に古着屋で流通の多い1980〜1990年代のヴィンテージTシャツを見分ける際に役立ちますので、ぜひ参考にしてみてください。

ヴィンテージTシャツの見分け方

ヴィンテージTシャツの見分け方を、以下5つのポイントに分けてご紹介します。

  1. 生産国
  2. シングルステッチ
  3. タグの素材と形状
  4. コピーライトの年号
  5. 50/50(FIFTY-FIFTY)

ひとつずつ見ていきましょう。

①生産国

まず1つ目は、Tシャツの生産国です。

古着Tシャツの場合『MADE IN USA』であれば、1990年代またはそれ以前に作られたヴィンテージである可能性が高まります。

Tシャツの生産国は時代によって変移していきました。

たとえば古くからアメリカ国内で生産されてきたTシャツは、1980年代に『カリブ海流域イニシアチブ』が制定され、徐々に海外生産へと移行していきす。

カリブ海流域イニシアチブ(CBI)

カリブ海22か国との貿易関税を引き下げる制定。カリブ海諸国の経済の活性化を促す計画として、1984年から90年代後期まで実施された。これを機に人件費の安いカリブ海諸国へ製品製造を移行するようになった。

タグ CRAFTED WITH PRIDE IN USA
タグ CRAFTED WITH PRIDE IN USA

その影響から、1980年代のTシャツのタグには『MADE IN USA』ではなく、『CRAFTED WITH PRIDE IN U.S.A.』と印字されたものが多く存在します。

CRAFTED WITH PRIDE IN U.S.A.

国外製造への移行が増えていく中、メイドインアメリカのプライドを守るための取り組みとして1984年から記されるようになった。

その後1994年に発効された『北米自由貿易協定』によりさらに海外貿易が拡大します。

北米自由貿易協定(NAFTA)

アメリカ・メキシコ・カナダの3カ国間の関税をなくし、自由貿易を推進することを目的として1994年に発効。

このようにTシャツの生産国は、徐々にアメリカ国内から海外へと移行してきました。

現在販売されているTシャツは中国製であることが多いですが、中にはアメリカ製にこだわったTシャツもあります。

②シングルステッチ

2つ目は、Tシャツの袖口や裾の縫い目です。

シングルステッチ
ダブルステッチ

Tシャツの袖先や裾は、主に『シングルステッチ』か『ダブルステッチ』のどちらかが採用されています。

シングルステッチは、1980年代から90年代にかけてアメリカで最も一般的な製法だったため、ヴィンテージTシャツの特徴のひとつとして知られています。

別名”ブラインドステッチ“や”天地縫い“とも呼ばれ、縫い目の少ないシンプルな見た目と手縫のような風合いが魅力です。

ヘインズ プレミアムジャパンフィットT
ヘインズ 3PパックT

現在はダブルステッチが最も一般的となりましたが、ヘインズのプレミアムジャパンフィットT3PパックTのように、シングルステッチを採用しているTシャツもあります。

③タグの素材と形状

3つ目は、タグの素材と形状です。

Tシャツのタグは時代と共に大きく変化してきました。ここでは1980年代〜2000年代前半までの代表的なタグを3種類ご紹介します。

  • 紙タグ
  • サテン/ナイロンタグ
  • 2枚タグ

紙タグ

anvilタグ
CHED by anvil
紙タグ
Velva Sheen

紙タグは薄くてぺらっとした紙のような素材で作られており、主に1980年代のTシャツに多く見られます。

洗濯を繰り返すとシワになったり、プリントが消えてしまったりと、劣化しやすいのが特徴。くたびれたヴィンテージ独特の風合いが魅力でもあります。

サテン/ナイロンタグ

FRUIT_OF_THE_LOOMタグ
FRUIT OF THE LOOM
Hanesタグ
Hanes

つるっとした光沢あるサテンやナイロン素材のタグは、主に80年代後半から普及していきます。

FRUIT OF THE LOOMのように2つ折りでリング状になったタイプや、Hanesのように1枚ペラで縫い付けられたタイプもあります。

2枚タグ

GILDANタグ
GILDAN
FRUIT_OF_THE_LOOMタグ
FRUIT OF THE LOOM

タグが2枚重なった2枚タグは、1990年代後半〜2000年代始め頃に多く流通しました。

1枚目の短いタグにはブランドロゴ、2枚目の長いタグには洗濯方法などの品質表示が数か国語でブリントされています。 

ブランド毎のヴィンテージタグを知りたい方は、【ボディーブランド別】古着Tシャツの年代を判別する方法まとめをご覧ください。

④コピーライトの年号

4つ目は、コピーライトの年号です。

プリントTシャツの中には、グラフィックの端に小さくコピーライトの年号が記されている場合があり、これによって販売時期を知ることができます。

(C)1997

例えばこの写真の場合”(C)1997″とプリントされているため、1997年頃に販売されたヴィンテージTシャツだと推測できます。

最初の『C』は、Copyright(著作権)のことで、プリントされているグラフィックの作者が持つ権利を示しています。

コピーライト
(C)XCV

ちなみにこの写真の場合、『(C)XCV』とプリントされています。

『XCV』はローマ数字なので、これを普通のアラビア数字に変換すると『95』。つまり1995年を示しています。

▶︎ローマ数字アラビア数字変換サイトはこちら

復刻版などでコピーライトの年号と販売された時期が違うといった例外もあります。

⑤50/50(FIFTY-FIFTY)

5つ目は、Tシャツの素材です。

Hanes Fifty-Fifty

50/50(フィフティ・フィフティ)とは、Tシャツの素材の割合がコットン50%ポリエステル50%のブレンドを意味します。

50/50はコットン100%のTシャツに比べ、軽量でシワになりにくいのが特徴です。

50/50が1980年代から1990年代に多くみられることから、ヴィンテージTシャツを見分けるヒントのひとつとされています。

ヴィンテージTシャツの見分け方まとめ

ヴィンテージTシャツの見分け方についてご紹介しました。

最低限この5つを知っておくと、ヴィンテージTシャツを見分けやすくなると思います。

ブランド毎のヴィンテージタグを知りたい方は、【ボディーブランド別】古着Tシャツの年代を判別する方法まとめも参考にしてみてください。

ちなみにChampionのヴィンテージTシャツについてはいろんな特徴があるため、詳しくは書籍で学ぶのもおすすめです。

VINTAGE CHAMPIONヴィンテージの教科書 完全版ならどちらもAmazon Kindle unlimitedで初回30日間無料で読めます。

以上、最後までご覧いただきありがとうございました。