Velva Sheen(べルバシーン)ロールTシャツをレビュー

今回レビューするのは、Velva Sheen(ベルバシーン)ロールTシャツです。

べルバシーン ロールTは、80年代に製造していたベルバシーンのTシャツを現代に合わせて復刻したTシャツです。

ここではそんなべルバシーン ロールTシャツを写真付きで詳しくレビューしていきます。

・特徴は?
・サイズ感は?
・他のTシャツとの違いは?

以上の気になるポイントも解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

べルバシーン ロールTシャツの特徴

ベルバシーン ロールTシャツの特徴は以下です。

・Made in USA
・綿100%(スラブコットン)
・丸胴編み
・シングルステッチ
・80s復刻のイエロータグ
・¥4,620(1枚入り)

太さにムラのあるスラブコットンを使用し、ガーゼのようにやや毛羽立ちのあるソフトな手触りが特徴です。

サイドに縫い目のない丸胴編みや、ミシン目の目立たないシングルステッチ、当時のネームタグを再現したイエローラベルなど、ヴィンテージライクな仕様です。

べルバシーン ロールTシャツをレビュー

べルバシーン ロールTシャツをレビューしていきます。

洗濯後の変化は?

まずは洗濯後のサイズの変化についてです。

実際に洗濯してハンガー干し後に採寸したところ、着丈と身丈共に伸縮はありませんでした。

べルバシーン ロールTは、洗濯すると表面に凹凸が出やすくなります。

ハンガー干しの際に軽く手で整え、それでもシワが気になる場合はスチームアイロンをかけるときれいに仕上がります。

タンブラー乾燥禁止の洗濯表示がついていますのでご注意を。

サイズ感は?

Velva SheenロールT Sサイズ着用 (164cm 46kg)

サイズはメンズ仕様でS、M、L、XLの4サイズ展開。アメリカ製ですが、日本人の体型に合わせて企画されています。

Sサイズを着用したところ、肩が落ちゆったりとしたシルエットでした。(164cm 46kg)

着丈が長めでヒップがすっぽり隠れます。

首リブは細すぎず太すぎずちょうどいい幅で、表にステッチのないすっきりとした首回りです。

パックTとロールTを比較

ロールT
2枚組パックT

べルバシーンには、ロールTのほかに2枚組パックTがあります。

どちらもUSA製で、ヴィンテージライクなデザインが特徴です。

ロールT
パックT

同じSサイズ同士で比べてみると、ロールTのほうが肩幅にゆとりがあり、やや袖丈も長めです。

ロールT
パックT

マットな見た目のパックTに対し、ロールTは横筋やポコポコとした凹凸が見られます。

また、パックTは少しザラつきのあるドライな肌触りで、ロールTはガーゼのような毛羽立ちがありふんわりとしています。

ロールT
パックT

重さはパックTが155g、ロールTが139gです。

実際に着用してみても、ロールTの方がふわっとした軽さを感じました。

べルバシーン ロールTシャツのメリット・デメリット

メリット

ベルバシーン ロールTシャツのメリットは以下です。

  • 昔ながらのディテールが楽しめる
  • 生地が柔らかく肌触り抜群
  • パッケージがかわいい

一番の魅力は、昔ながらの製法でヴィンテージTシャツのデザインを再現しているところです。

またラベルを巻いただけのパッケージも、アメリカっぽさが出ていておしゃれです。

デメリット

ベルバシーン ロールTシャツのデメリットは以下です。

  • 価格が高め

アメリカ製ということで、決してお安くはありません。

ただ、べルバシーンのTシャツにしかない魅力やこだわりがあると感じました。

べルバシーン ロールTシャツはこんな人におすすめ

ベルバシーン ロールTシャツは、以下のような人におすすめです。

・ヴィンテージTシャツの風合いが好きな人
・Tシャツのディテールにこだわりたい人
・メイドインUSAを選びたい人
・人と違ったTシャツを選びたい人

アメリカらしいゆるさと、ヴィンテージライクなデザインが魅力です。

柔らかく繊細さもあり、男性だけでなく女性にもおすすめのTシャツです。