ヘインズ ジャパンフィットをレビュー

こんにちはイマニです。
いろんな白Tシャツを試しています。

今回レビューするのは、ヘインズ ジャパンフィットTシャツです。

ヘインズといえばヘビーウェイトTシャツの代名詞BEEFY-Tが人気ですが、ジャパンフィットはそれよりもライトな5.3オンスのTシャツです。

実際に着用してみてサイズ感や透け感など、BEEFY-Tと比較しながら見ていきたいと思います。

ヘインズジャパンフィットについて

ヘインズ ジャパンフィットTシャツは、日本人の体型に合わせて作られたベーシックなTシャツです。

ジャパンフィットシリーズには大きく分けて3つの分類があります。

  • ジャパンフィット
  • ジャパンフィット プレミアム
  • ジャパンフィット for HER

ベーシックな『ジャパンフィット』他、着心地にこだわった『ジャパンフィットプレミアム』や、女性向けの『ジャパンフィットfor HER』があります。

今回ご紹介するのは、シリーズの中で最もベーシックなジャパンフィットの2枚組コットンTシャツです。

Hanes ジャパンフィット 2枚組
サイズS〜XL
カラー白、白黒アソート
素材綿 100%
オンス5.3oz

サイズはS〜XLまで、カラーは白2枚組と白黒1枚ずつのアソートから選べます。

ヘインズジャパンフィットレビュー

ヘインズジャパンフィット2枚組をレビューしていきます。

サイズ感と洗濯後の変化

S着用 / 164cm・46kg

今回一番小さいSサイズを着用してみましたが、私の場合はやや肩幅にゆとりがありました。シルエットは直線的なボックスタイプで、サイドに縫い目のない丸胴仕様です。

Japan Fit(M)BEEFY-T(M)
身丈6668
身幅4851
肩幅4347
袖丈1821
Mサイズの比較

ジャパンフィットとBEEFY-Tのサイズ感を比べてみると、同じサイズでもジャパンフィットのほうが全体的にやや小さめに作られているのがわかります。

ちなみにBEEFY-Tは洗濯すると身丈や肩幅が2~3cmほど縮んだのですが、ジャパンフィットはガーメントウォッシュ加工されており全く縮みませんでした。

洗濯後
アイロン後

洗濯後はややシワになるため、1枚で着る場合は軽くスチームアイロンをかけたほうがグンと見栄えが良くなります。

透け感と肌触り

2色のインナーを重ねて透け感を見てみます。

ベージュのインナー
ブラックのインナー

写真では伝わりにくいですが、BEEFY-TなどのヘビーウェイトTシャツに比べるとやはり透け感があり、素肌に直接着るとチク透けします。

ジャパンフィットの一番の魅力は、柔らかくてフワッと軽い肌触りです。伸縮性のあるしなやかな生地で、着脱のしやすさと着心地の良さが抜群です。

首回りとタグ

首リブの幅は1.6cm程で、表にステッチのないシンプルなレイフラットカラーです。

Japan Fit
BEEFY-T

ジャパンフィットはBEEFY-Tに比べリブが細く、首の開きも広めにデザインされています。

プリントタグ
裾内側にタグ

首元は当たってもストレスのないプリントタグ、裾には布タグが付いています。

ヘインズジャパンフィットはこんな人におすすめ

ヘインズジャパンフィットTシャツは、ヘビーウェイトだと夏はちょっと暑すぎると感じる人や、重ね着のインナーとして柔らかさや着心地の良さを求める人に最適です。

ジャパンフィットTシャツは、やさしい肌触りと軽やかな着心地で、インナーにもアウターにも着回せる万能なTシャツです。

1枚で着るだけならBEEFY-T、アウターとしてもインナーとしても着回したいならジャパンフィット、と言う感じで選択してみるといいかもしれません。

ヘインズジャパンフィットレビューまとめ

ヘインズのジャパンフィットTシャツについてご紹介しました。

2枚組のリーズナブルなパックTシャツなので、特に夏場はストックとして持っておけば洗い替えとして重宝しそうです。

以上イマニでした。最後までご覧いただきありがとうございました。