DBKスチームアイロン赤・青の違いは?|1年以上使ったレビュー

DBKアイロンって実際どう?
赤・青の違いも教えてください。

本記事では、DBKスチームアイロンの赤・青の違いや、実際に1年以上使ったレビューをご紹介します。

この記事の内容
  • DBKアイロンの赤・青の違い
  • DBKアイロンのレビュー

DBKスチームアイロンは、クラシックなデザインと確かな機能性を兼ね備えたアイロンです。

実際に使ってみて、見た目のかっこよさとそれに劣らない性能があり、今までよりアイロン掛けが楽しくなりました。

ここでは、そんなDBKアイロンのメリットや注意点なども詳しく解説していきます。

DBKってどんなブランド?

画像引用:DBK公式サイト

DBKは、ドイツに本社を置く電熱器メーカーです。

日本ではあまり知られていませんが、特にオイルヒーターの製造で世界的に知られており、半世紀以上の実績があります。

DBKの良さは、老舗ならではのクラシックなデザインと確かな性能。日本の家電とはまた違った、独特の存在感が魅力です。

▶︎DBKの商品を見る

DBKスチームアイロン 赤・青の違い

DBKスチームアイロンには、赤と青の2種類があります。

赤の方がハイスペックで、青にはない以下3つの機能が備わっています。

  1. 底部熱版(チタンコーティング)
  2. オートパワーオフ機能
  3. 温度過昇防止ヒューズ機能

この3つについて詳しく見ていきましょう。

  • 電圧…100V・50/60Hz
  • 消費電力…950w
  • 本体大きさ…幅125×長240×高145
  • 重量…1.5kg
  • コードの長さ…1.8m
  • スチーム機能…あり

違い①:底部熱板

まず1つ目の違いは、底部熱板(かけ面)の素材です。

赤(J95TN)青(J80T)
チタンコーティングフッ素樹脂コーティング

赤に採用されているチタンは、摩耗性に優れておりスムーズな滑りが特徴です。

それに対し青のフッ素樹脂は、チタンに比べ強度や滑りが劣るため、比較的リーズナブルなアイロンに多く採用されています。

違い②:オートパワーオフ機能

2つ目の違いは、オートパワーオフ機能です。

赤(J95TN)青(J80T)
×

アイロン使用後に、うっかり電源を切り忘れていて後でヒヤッとしたことはありませんか?

オートパワーオフ機能は、そんな時でも自動で通電を停止してくれる安心機能です。赤にはこの機能がありますが、青にはありません。

違い③:温度過昇防止ヒューズ機能

3つ目の違いは、温度過昇防止ヒューズ機能です。

赤(J95TN)青(J80T)
○(240℃)×

温度が過度に上昇するのを未然に防ぎ、火災や発火などから守ってくれる機能です。

赤には240度で感知する温度ヒューズ機能が付いていますが、青にはこの機能がありません。

DBKスチームアイロン赤を1年使ったレビュー

DBKアイロンの赤を1年以上使って感じたメリットや注意点をご紹介します。

DBKアイロンのメリット

DBKアイロンのメリットは以下です。

  • 見た目がおしゃれで重厚感がある
  • しっかりとしたスチーム力がある
  • ドライ・スチームの切り替えが楽
  • 重さがあってシワが伸ばしやすい

実際に使ってみて、十分なスチーム量と重さがあってシワを伸ばしやすいと感じました。

またデザインがおしゃれなので、使わない時も置いておくだけで昔の海外映画のような雰囲気が楽しめます。

DBKアイロンは重い?

DBKアイロンの重さは1.5kgです。

家庭用アイロンの重さは大体1kgぐらいが一般的なので、DBKアイロンは比較的重めです。

実際に使ってみて、適度な重さがあってしっかりシワ伸ばしができる点と、重厚感があって安っぽくない点をメリットに感じました。

ただ重さがある分、座った状態でのアイロン掛けはやりにくさを感じるかもしれません。

そのため、DBKアイロンの場合は立ったままアイロン掛けができるスタンド式アイロン台の方がやりやすくておすすめです。

Amazon低評価レビューは本当?

DBKスチームアイロンについて、Amazonで以下のような低評価を見つけました。

吸水口に蓋が無いため、傾けたり勢いよく動かすと水がこぼれる

このように、吸水口についてマイナス意見があるようです。

DBKアイロンは一般的なアイロンと違い、吸水口に蓋がありません。

普通に使用する分には心配ないと思いますが、給水量がMAXラインを超えた状態で傾けると、さすがにこぼれる可能性があります。

私の場合は100円ショップで買った小さめロートとボトルを使って給水しており、割と使いやすい吸水口だと感じています。

その他低評価が気になる方は以下でチェックしてみてください。
▶︎低評価をチェックする

DBKスチームアイロンはこんな人におすすめ

DBKスチームアイロンは、以下のような人におすすめです。

  • 海外家電が好きな人
  • クラシックなものが好きな人
  • スチーム付きアイロンが欲しい人
  • 長く愛用できるものを選びたい人
  • デザインと性能の両方を重視したい人

このようにDBKスチームアイロンは、デザインと性能どちらにもこだわりのある人にぴったりのアイロンです。

かっこいいアイロンを持つとアイロン掛けが楽しくなるので、ぜひお気に入りの1台を選んでみてください。