ワードプレス初期設定|開設後にやっておきたい3つのこと

本記事では、WordPress開設時にやっておきたい初期設定をご紹介します。

ワードプレスでやっておきたい初期設定

ワードプレス開設直後にやっておきたい初期設定を3つご紹介します。

  • サイトタイトルとキャッチフレーズ
  • パーマリンク設定
  • コメント設定

ひとつずつ見ていきましょう。

サイトタイトルとキャッチフレーズ

まず1つ目は、サイトのタイトルとキャッチフレーズの変更です。

サイトのタイトルは、サイトを開いた際のタブや、お気に入りに登録した際にサイト名として表示されます。

キャッチフレーズは、どんなサイトかを簡単に説明する文言として、サイト名の後に続いて表示されます。

この2つは、ワードプレス管理画面の一般設定から変更可能です。

まず、ワードプレス管理画面のサイドメニューから【設定】を開きます。

ここでサイトタイトルとキャッチフレーズの変更ができます。

キャッチフレーズがまだ決まらないという方は、一旦空欄のままにして置いても大丈夫です。この画面からいつでも変更ができます。

入力後は画面を一番下までスクロールし、【変更を保存】をクリックすれば完了です。

パーマリンク設定

次に、パーマリンクの設定を行います。

パーマリンクとは、これから書くブログ記事のひとつひとつに与えられるURLのことで、ブログ開設直後にやっておきたい設定です。

WordPressパーマリンク設定方法

WordPress管理画面のサイドメニューから【設定】>【パーマリンク】を開きます。

パーマリンク設定画面で、共通設定の中から【投稿名】を選択します。

画面を一番下までスクロールし【変更を保存】をクリックすれば、パーマリンクの設定完了です。

コメント設定

ワードプレスでは、投稿した記事に対して読者がコメントを残せる機能があります。

デフォルトではこの設定がオンになっているため、コメント不要な方やスパムコメントを回避したい方は最初に設定を変更しておきましょう。

ワードプレス管理画面で、【設定】>【ディスカッション】を開きます。

【新しい投稿へのコメントを許可】のチェックを外します。

画面を一番下までスクロールし、【変更を保存】をクリックすれば設定完了です。

不要なものは削除しておこう

ワードプレスを開設すると、デフォルトでサンプルとして備わっているものがいくつかあります。

今後利用しないものは削除しておくことで、見た目のシンプル化やサイト軽量化に繋がります。

初期投稿

ワードプレス開設後にサイトを開くと、すでにhello world!というタイトルの記事がサンプルとして投稿されています。

このサンプル記事は、今後利用しないため削除しておきましょう。

ワードプレス管理画面で【投稿】を開くと、この投稿が確認できます。

タイトル部分にカーソルを合わせると、その下に【ゴミ箱へ移動】と表示されるため、これをクリックします。

記事がゴミ箱へ移動しました。これでサンプル記事の削除完了です。

プラグイン

ワードプレスでは、機能を拡張するためのプラグインがデフォルトでいくつかインストールされています。

明らかに利用しないプラグインは、サイト軽量化のため削除しておきましょう。

まず、デフォルトでインストールされているHello Dollyというプラグイン。管理画面に歌詞がランダムに表示されるという機能です。不要なので削除しておきましょう。

レンタルサーバーでConoHa WINGを申し込まれた方は、ConoHa WING関連のプラグインが3つデフォルトでインストールされています。

これらはほぼ利用することがないため削除して問題ありません。必要であればまた後からいつでもインストールできます。

まとめ:ワードプレスの初期設定を済ませておこう

WordPressの初期設定についてご紹介しました。

本記事のまとめ
  • 開設直後に初期設定を済ませておこう
  • 不要なものは削除して軽量化しよう

初期設定が終わった方は、サイト作りを始めていきましょう。

サイト作りを効率化するには、WordPressテーマの導入がおすすめです。以下の記事でおすすめテーマをご紹介していますので参考にしてみてください。