WordPressブログの書き方|記事編集〜投稿までの操作手順

『WordPressで記事を作成したいけど操作方法がわからない…』とお困りでしょうか?

本記事では、WordPressブログの記事編集〜公開までの操作手順をご紹介します。

本記事の内容
  • WordPress記事の書き方
  • WordPress記事の投稿設定と公開

最初はブロックエディタの使い方に戸惑うかもしれませんが、慣れてしまえば簡単に操作できるようになりますよ。

それでは順番に見ていきましょう。

ブログ記事の文章の作り方は、こちらの記事を参考にしてみてください。▶︎ブログ記事の構成手順

WordPressブログの記事の書き方

まずは基本的な記事の書き方を6つご紹介します。

  1. 新規作成
  2. 記事タイトル
  3. 本文入力と改行
  4. 見出しを作る
  5. 画像を挿入する
  6. テキストリンク

新規作成

まずは記事の新規作成から始めます。

WordPress管理画面から【投稿】>【新規追加】を開きます。

この画面から記事を作成していきます。

記事タイトル

次に、記事のタイトルを入力していきます。

『タイトルを追加』の部分に、任意のタイトルを入力します。

入力したタイトルは、こんな風に記事の一番上に表示されます。

ちなみにタイトルは、Googleの検索結果に表示されることを想定し、最大30文字前後を目安にしておくとGOODです。

本文入力と改行

続いて本文を入力していきます。

本文は、タイトル下をクリックすると入力できます。次の段落に移るときはキーボードのEnterをクリックします。

WordPressでは段落のことをブロックと呼び、ブロックごとに移動しながら本文を入力していきます。

たとえば上記の場合、4つのブロックに分かれています。

また、ブロック内で改行したい場合は、Shift+Enterで改行ができます。

おさらい
  • ブロック=段落
  • 新しいブロックの作成…Enter
  • ブロック内で改行…Shift+Enter

見出しを作る

次に見出しの作り方です。

見出しにはH1、H2、H3…といった階層があり、H1が記事タイトル、その次にH2、H3と続いていきます。

H1(記事タイトル)
H2
H3

H3

H2
H3

H3

あまり階層が多くても読みづらいので、基本的にはH2とH3を使えばOKです。H1はタイトルに自動的に付与されるので何もしなくて大丈夫です。

見出しの作り方は、+アイコンをクリックし、その中から【見出し】を選択します。

ツールバーの【H2】をクリックすると、見出しレベルがH1〜H6まで選択できます。

見出しは必ず階層に従って作る必要があります。たとえばH3の中にH2を作るなど、階層が逆にならないように注意しましょう。

画像を挿入する

続いて、記事内に画像を挿入します。

ブロック追加の+アイコンをクリックし、その中から【画像】をクリックします。

【アップロード】または【メディアライブラリ】をクリックすると、画像が選択できます。

画像選択後は、サイドメニューから画像のスタイルやサイズの変更ができます。

テキストリンク

入力した文字にURLリンクを貼る方法です。

入力した文字を選択し、ツールバーからリンクアイコンをクリックします。

リンク先URLを入力し、Enterを押せば完了です。

リンクを新しいタブで開くようにしたい場合は、【新しいタブで開く】をオンにしておきましょう。

WordPressブログを読みやすくする記事の書き方

ブログ記事をさらに読みやすくする方法を3つご紹介します。

  • リスト/箇条書き
  • テーブル/表を作る
  • 目次を作る

リスト/箇条書き

  • りんご
  • みかん
  • ぶどう

リスト機能を使うと、わかりやすく箇条書きで表示できます。

まず+アイコンをクリックし、【リスト】をクリックします。

文字を入力してEnterを押せば、箇条書き項目を増やしていけます。

ツールバーで数字のリストを選択すると、リストの頭をドットから数字に変更もできます。

  1. りんご
  2. みかん
  3. ぶどう

テーブル/表を作る

テーブルテーブルテーブル
テーブルテーブルテーブル

なにかを比較する場合は、このようにテーブル/表を作ると便利です。

まず左上の+アイコンをクリックします。

サイドメニューから【テーブル】を選択します。

テーブルのカラム数と行数を入力し、【表を作成】をクリックすればテーブルが作成できます。

さらに、ツールバーでテーブル編集のアイコンをクリックすると、行や列を挿入したり削除したりできます。

目次を作る

各記事に目次があると、一目で内容が把握できます。

プラグインを導入すれば、目次を手入力しなくても自動で生成できます。

プラグインを使った目次の設定方法は、以下記事で詳しく解説しています。

WordPressブログの記事公開前の投稿設定

記事公開前にやっておきたい投稿設定をご紹介します。

  • 記事のURL/パーマリンク
  • カテゴリーとタグ
  • アイキャッチ画像
  • 抜粋/メタディスクリプション

記事のURL/パーマリンク

作成した記事のパーマリンクを決めます。

パーマリンクとは、それぞれの記事に与えられるURLのことです。

たとえば当ブログの『STORK19カスタマイズガイド』という記事のパーマリンクは、『stork19-custom』です。

パーマリンクは、記事タイトルと関連性のある簡潔な英単語にすればOKです。

設定方法は、サイドメニューの【投稿】をクリックし、【パーマリンク】の項目を開きます。

すでにパーマリンクの初期設定が終わっている方は、URLスラッグに記事タイトルと同じ文字がすでに入力されているはずです。

パーマリンクの初期設定は簡単です。

まず、管理画面のサイドメニューから【設定】>【パーマリンク】を開きます。

【投稿名】を選択し、画面一番下の【変更を保存】をクリックすれば完了です。

ここにパーマリンクを入力すれば完了です。

カテゴリーとタグ

次に、記事のカテゴリーとタグを設定します。

カテゴリーは記事のグループ分け、タグはSNSでいうハッシュタグのような役割です。

サイドバーの【投稿】内に、カテゴリーとタグの項目があります。

まずカテゴリーを開き、【新規カテゴリーを追加】をクリックします。

次に好きなカテゴリー名を入力し、【新規カテゴリーを追加】をクリックします。

選択したいカテゴリーにのみチェックを入れれば完了です。

タグは、『新規タグを追加』の項目に好きなタグ名を入力し、Enterを押せば完了です。

アイキャッチ画像

続いてアイキャッチ画像の設定です。

アイキャッチ画像は、記事タイトル下に表示される画像で、いわいる表紙となる部分です。

サイドメニューから【投稿】>【アイキャッチ画像】を開き、【アイキャッチ画像を設定】をクリックします。

【ファイルを選択】をクリックし、画像をアップロードします。

画像をひとつ選択し、画面右下の【アイキャッチ画像を設定】をクリックすれば完了です。

抜粋/メタディスクリプション

次に、抜粋の入力です。

抜粋とは、記事内容を100文字程度で簡潔に説明した文章のことです。

サイドメニューで【投稿】>【抜粋】を開いて入力します。

ご利用のテーマやプラグインによっては、メタディスクリプションの入力項目がありますので、そこに入力してください。

メタディスクリプションは、Google検索した際にタイトル下に表示される文章です。

WordPressブログの記事を公開する

記事が完成したら公開しましょう。

プレビューで最終確認

記事公開前に、プレビュー機能で最終確認です。

画面右上の【プレビュー】をクリックし、デスクトップが選ばれた状態で【新しいタブでプレビュー】をクリックすれば、プレビュー画面が表示されます。

記事を公開する

最終チェックが終われば記事を公開します。

画面右上の【公開】をクリックします。

再確認が出ますので、再度【公開】をクリックすれば公開完了です。

まとめ:WordPressの記事の書き方をマスターしよう

WordPressブログの記事の書き方をご紹介しました。

ブロックエディタの操作方法をマスターすれば、あとはどんどん記事を書いて慣れていけばOKです。

文章の作り方については以下記事を参考にしてみてください。

▶︎ブログ記事の構成手順はこちら
▶︎レビュー記事の書き方はこちら

最後までご覧いただきありがとうございました。