STORK19を利用して感じたメリットとデメリット

WordPressテーマの導入をお考えでしょうか?

本記事では、WordPressテーマSTORK19を実際に使ったレビューをご紹介します。

WordPressテーマは、サイト運営を効率化してくれる非常に便利なツールです。

当ブログでは、STORK19を導入してから記事作成スピードが格段と上がりました。

STORK19導入をご検討の方向けに、メリットとデメリットを解説しますので参考になればと思います。

STORK19とは

STORK19は、OPENCAGEが販売しているWordPressテーマです。

これまでOPEN CAGEからは、スワローやハミングバード、そして旧バージョンのSTORKなど、いくつかのWordPressテーマが販売されてきました。

そして、最新バージョンとしてリリースされたのがこのSTORK19です。

STORK19のメリット

STORK19を利用して感じたメリットは5つです。

  • 価格
  • ミニマルな機能
  • レスポンシブWebデザイン
  • ブロックエディタ(Gutenberg)に対応
  • 親切なカスタマー対応

価格

STORK19の販売価格は、11,000円です。

数あるWordPressテーマの中でも、比較的リーズナブルな価格設定です。

人気WordPressテーマ3つの販売価格を比べてみるとわかります。

初期費用を抑えられるのは一番のメリットです。

ミニマルな機能

STORK19の特徴は、無駄の少ないミニマルな機能です。

設定項目が明確で、初心者でも迷うことなくサイト作りができます。

ミニマルと言っても必要最低限の機能にプラスして、記事作成が楽しくなるような装飾も揃っています。

WordPressテーマ導入の一番のメリットは効率化なので、選択肢を減らせるのは大きな魅力です。

レスポンシブWebデザイン

STORK19は、レスポンシブWebデザインで作られたWordPressテーマです。

レスポンシブWebデザインで作られたテーマの場合、どんなサイズの画面から閲覧しても柔軟にサイトを最適化してくれます。

サイトに訪れる読者はパソコンだけでなく、スマホやタブレットなどさまざまなサイズのデバイスから閲覧します。

スマホからの検索流入は非常に多いため、レスポンシブは重要なポイントです。

ブロックエディタ(Gutenberg)に対応

STORK19は、最新のブロックエディタ(Gutenberg)に対応しています。

そのため、実際に表示される画面に近い状態で記事編集が行えます。

私自身STORK19を利用してみて、ブロックエディタが一気に使いやすくなった点を一番のメリットだと感じました。

古いWordPressテーマは、最新のブロックエディタに対応していない場合が多く、作業効率や利便性に欠けるため注意が必要です。

親切なカスタマー対応

STORK19では、公式サイトにて使い方に関する問い合わせができます。

テーマの使い方でどうしてもわからないことや解決しないことがあれば、メールで対応していただけます。

私も一度設定に関して問い合わせたことがありますが、非常に親切にサポートしていただき解決しました。

OPENCAGE公式サイトでは使い方ガイドも充実しており、わからないことがあっても安心です。

STORK19のデメリット

STORK19を利用して感じたデメリットは2つです。

  • ブロガー専用
  • スプリットライセンス

ブロガー専用

STORK19は、ブロガー専用テーマとして販売されています。

ブロガー以外は利用できないというわけではありませんが、ブロガー向きの機能がメインです。

そのため、アフィリエイトサイトに便利なランキングが作れる機能や、広告のクリック数計測機能などはありません。

アフィリエイト向きの機能が欲しい方は、AFFINGER6がおすすめです。

スプリットライセンス

STORK19は、スプリットライセンスで販売されています。

そのため利用サイト数は1サイトまでと制限があり、使い回しができません。

例えば、もうひとつ別のWordPressサイトを立ち上げたいとなったとしても、2サイト目には新たなWordPressテーマを購入する必要があります。

AFFINGER6の場合、購入者のサイトであれば複数サイトへの使い回しが許可されています。

STORK19導入手順

STORK19の導入手順を、3ステップでご紹介します。

  1. テーマ購入
  2. 子テーマのダウンロード
  3. WordPressにインストール

順番に進めていきましょう。

1.テーマ購入

まず、STORK19のダウンロードページを開きます。

【カートへ入れる】をクリックします。

カート内容を確認し、【ご注文手続きに進む】をクリックします。

お客様情報の入力画面です。『会員ではない方はこちら』の項目を入力し、【会員登録しながら次へ】をクリックします。

支払い方法選択画面です。希望の支払い方法を選択後、『利用規約に同意する』にチェックを入れ【次へ】をクリックします。

クレジットカード払いの場合、ここでカード情報を入力し【次へ】をクリックします。その他の支払い方法を選択された場合は、画面の指示に従って進んでください。

内容を確認し、【上記内容で注文する】をクリックします。

これでテーマ購入が完了しました。その画面のまま、【ダウンロード】をクリックしましょう。ダウンロードしたZIPファイルは、一旦そのまま置いておいてください。

【ダウンロード】をクリックする前に画面を閉じてしまった場合は、マイページからダウンロードが可能です。

2.子テーマのダウンロード

次に、カスタマイズに必要な子テーマをダウンロードします。

まず、子テーマのダウンロードページを開きます。

ストーク19用のダウンロードファイルをクリックします。ダウンロードしたZIPファイルは一旦そのまま置いておいてください。

3.WordPressにインストール

最後に、ダウンロードしたテーマをWordPressにインストールしていきます。

WordPress管理画面を開き、サイドメニューから【外観】>【新規追加】をクリックします。

【テーマのアップロード】をクリックします。

【ファイルを選択】をクリックします。

ダウンロードした【jstork19.zip】を選択します。

【今すぐインストール】をクリックします。

【有効化】をクリックします。

これでSTORK19のインストールができました。次に同じ手順で子テーマをインストールします。

先程と同様に【新規追加】から、【jstork19_custom.zip】のファイルをインストールし、【有効化】をクリックしましょう。

親テーマと子テーマのインストールが完了しました。上記画面のように子テーマの方が有効になっていればOKです。

これでサイトのベースデザインができていますので、自分のサイトにアクセスして確認してみてください。

まとめ:STORK19は初心者におすすめのWordPressテーマ

STORK19についてご紹介しました。

本記事のまとめ
  • STORK19は初心者ブロガーに優しいテーマ
  • STORK19を導入すると効率的に楽しくブログが書ける
  • アフィリエイトに特化した機能が欲しい人はAFFINGER6がおすすめ

ぜひ、自分に合ったWordPressテーマを見つけてサイト運営を高速化しましょう。

▶︎STORK19ダウンロードはこちら