キーワード選定のやり方|ブログ初心者が失敗しないコツ

『キーワード選定のやり方がわからない…』とお困りでしょうか?

本記事では、キーワード選定のやり方と失敗しないコツをご紹介します。

本記事の内容
  • キーワード選定のやり方
  • キーワード選定で失敗しないコツ
  • キーワード選定後にやるべきこと

キーワード選びはブログの基本です。

なぜなら『検索キーワード=読者の悩み』だからです。

最適なキーワードを選び、読者の悩みが解決できる記事が書ければブログで成果を出せます。

ここでは、ブログ初心者向けにキーワード選定のノウハウを解説していきますので、ぜひ実践してみてください。

ブログで稼ぐならWordPressがおすすめです。WordPressの開設手順はこちらの記事をご覧ください。▶︎初心者向けWordPressの始め方

キーワード選定のやり方3ステップ

キーワード選定の手順を3ステップで解説します。

  1. メインキーワードを決める
  2. 関連キーワードを取得する
  3. キーワードボリュームを調べる

それでは順番に見ていきましょう。

①メインキーワードを決める

まず最初にメインキーワードを決めます。

メインキーワードは、あなたのブログのジャンルの中から、ニーズのありそうなキーワードを選べばOKです。

たとえばこんな感じです。

ブログのジャンルメインキーワード
アウトドアキャンプ
ファッション古着
グルメお取り寄せ

まだブログのジャンルが決まっていない人は、まずジャンルから決めてみてください。

▶︎ブログのジャンルの決め方はこちら

②関連キーワードを取得する

次に、ラッコキーワードを使って関連キーワードを取得していきます。

ラッコキーワードは、無料で利用できるキーワードリサーチツールです。

まずラッコキーワードを開き、先程決めたメインキーワードを入力して検索します。ここでは試しに【古着】と検索してみます。

そうすると、古着の関連キーワード一覧が表示されます。ここで画面右上の【全キーワードコピー】をクリックします。

これで関連キーワードの取得がひとまず完了しました。

③キーワードボリュームを調べる

次にGoogleキーワードプランナーを使って、コピーした関連キーワードの検索ボリュームを調べていきます。

検索ボリュームとは、過去30日間にGoogleで検索された回数です。

まずGoogleキーワードプランナーを開き、【検索のボリュームと予測データを確認する】をクリックします。

次に、ラッコキーワードでコピーした関連キーワード一覧をここにペーストし、【開始する】をクリックします。

そうするとデータが一覧で表示されます。

【月間平均検索ボリューム】をクリックすると、検索ボリュームの大きい順に並び替えができます。

このデータをもとに最適なキーワードを選んでいきます。

ちなみにRank Trackerならもう少し具体的なデータを取得できます。Rank Trackerでキーワード選定する方法はこちらで解説しています。▶︎Rank Trackerの使い方

ブログ初心者がキーワード選定で失敗しないコツ

キーワード選定で失敗しないコツとして、3つのポイントをご紹介します。

  1. 検索ボリューム100~1000から始める
  2. 個人ブログと企業サイトを見分ける
  3. ロングテールキーワードで穴場を狙う

検索ボリューム100~1000から始める

まず検索ボリューム100~1000のキーワードから狙っていきましょう。

検索ボリュームが1000を超えるキーワードは、競合性が高くいきなり検索上位を取るのは難しいからです。

まずは1000以下のキーワードで地盤を固めていき、記事数が増えてブログ全体が育ってきてからビッグワードを狙っていくのがおすすめです。

個人ブログと企業サイトを見分ける

同じキーワードを狙うライバルが、個人なのか企業なのか確認しておきましょう。

なぜなら、企業サイトが相手だと勝てない可能性が高いからです。

たとえば、【古着 通販 レディース】というキーワードでGoogle検索すると、1位〜4位までを店舗公式サイトと大手ECサイトが占めています。

このキーワードで記事を書いても、個人ブログではなかなか勝てそうにありません。

次に少しキーワードを変えて【古着 通販 おすすめ】で検索してみると、1位〜4位までに個人ブログが3つ入っています。

このように、最初にライバルが誰なのかを見分けておくとキーワードを選びに失敗しません。

ロングテールキーワードで穴場を狙う

ライバルの少ない場所で戦うには、ロングテールキーワードが有効です。

ロングテールキーワードとは、主に3つ以上の単語を組み合わせた検索キーワードのことです。

キーワードを組み合わせると検索ボリュームが減り、読者の知りたい内容が具体的になります。

  • 【古着】…100,000〜1,000,000
  • 【古着ー通販】…10,000〜100,000
  • 【古着ー通販ーおすすめ】…100〜1000

その需要に的確に答える記事を作成できれば、成果に繋がりやすくなります。

キーワード選定後にやることは?

キーワード選定後にやることを3つご紹介します。

  • キーワードを使って記事を構成する
  • SEOツールでキーワードを追跡する
  • 派生したランキングキーワードを見つける

順番に見ていきましょう。

キーワードを使って記事を構成する

キーワード選定の後は、記事を作成していきます。

選定したキーワードを以下の部分に入れるとSEOに効果的です。

  • 記事タイトル
  • メタディスクリプション
  • 見出しH2

ただしキーワードを入れることばかりを考えると、不自然な表現になったり読者にとって読みづらい記事になります。

まずは読者ニーズを満たすことを念頭に置いて構成していきましょう。

▶︎ブログ記事の構成手順はこちら

SEOツールでキーワードを追跡する

記事の投稿後は、SEOツールを活用してキーワードを追跡しましょう。

キーワードがランクインするまでは時間がかかりますが、2〜3ヶ月ほど経つと順位が動き出します。

キーワード追跡におすすめのツールはRank Trackerです。

Rank Trackerなら狙ったキーワードを登録してランキングの動向をわかりやすく分析できます。

▶︎ランクトラッカーの始め方はこちら

派生したランキングキーワードを見つける

狙ったキーワードとは異なるキーワードで記事がランクインする場合があります。

そういった意図せず派生したキーワードを見つけると新たなコンテンツが作れます。

ちなみにRank Trackerにはランキングキーワードという機能があり、狙ったキーワードと派生したキーワードをわかりやすく分析できますよ。

▶︎ランクトラッカーの使い方はこちら

まとめ:ブログはキーワード選定が命

ブログのキーワード選定のやり方についてご紹介しました。

本記事のまとめ
  • 検索キーワードは読者の悩み
  • 最初は戦わずして勝てるキーワードを選ぶ
  • 地盤が固まったらビッグキーワードに挑もう

キーワード選定のあとは、読者の悩みに的確に答える記事を書いていきましょう。記事の書き方は以下記事を参考にしてみてください。

▶︎ブログ記事の構成手順はこちら
▶︎レビュー記事の書き方はこちら

記事投稿後は、キーワードの追跡とアクセス解析を行い、答え合わせをしましょう。

▶︎WordPressユーザーにおすすめの無料アクセス解析ツール4選

最後までご覧いただきありがとうございました。