Googleサーチコンソール所有権の確認|5つの方法と手順

本記事では、Googleサーチコンソールの所有権の確認方法をご紹介します。

Googleサーチコンソールを使用するには、実際にあなたがサイトを持ち主であることを証明する必要があります。それが『所有権の確認』です。

では、どのような方法で所有権の確認ができるのか見ていきましょう。

Googleサーチコンソールの所有権の確認|5つの方法

Googleサーチコンソールの所有権の確認方法は、5つあります。

  1. Googleアナリティクス
  2. HTMLファイル
  3. HTMLタグ
  4. Googleタグマネージャー
  5. ドメイン名プロバイダ

上記5つの中のどれかひとつで所有権の確認ができれば、Googleサーチコンソールを利用できます。

しかし今後長く利用していく上で、サーバー環境やその他サイトの設定の変更などにより、この所有権が外れてしまうことがあります。

『設定を変えたらGoogleサーチコンソールが使えなくなった!』という状態を防ぐため、複数の方法で所有権の確認をしておくことが推奨されています。

それでは所有権を確認する5つの方法を見ていきましょう。

①Googleアナリティクス

まずひとつ目は、Googleアナリティクスを使う方法です。

Googleアナリティクスを利用している場合、サイトにGoogleアナリティクスのトラッキングコードが既に設置されているため簡単に所有権の確認ができます。

まだGoogleアナリティクスの設定が終わっていない方は、以下の記事より設定を進めてください。

Googleアナリティクスを使った所有権の確認方法は、以下の記事で解説しています。

②HTMLファイル

ふたつ目は、HTMLファイルをアップロードする方法です。

WordPressの場合、このHTMLファイルをレンタルサーバーのファイルマネージャーにアップロードすることで所有権の確認ができます。

当サイトではレンタルサーバーのConoHa WINGを利用していますが、簡単にファイルマネージャーにアップロードできました。

ここでは例として、ConoHa WINGでのファイルアップロード手順をご紹介します。

Googleサーチコンソールで上記HTMLファイルをクリックし、ダウンロードします。

次にコノハウイングの管理画面にログインし、【WING】>【サイト管理】>【ファイルマネージャー】を開きます。

【public_html】を開き、対象ドメインのディレクトリをダブルクリックで開きます。

アップロードのアイコンをクリックします。

ここで、先程ダウンロードしたGoogleサーチコンソールのHTMLファイルを選択します。

ファイルが上記のように表示されればOKです。

最後にGoogleサーチコンソールで【確認】をクリックすれば完了です。

③HTMLタグ

3つ目は、HTMLタグを使う方法です。

メタタグを自サイトの<head>内に貼り付けることで、所有権の確認ができます。

WordPressテーマ導入済みの方は、貼り付け場所がわかりやすく用意されているため簡単です。

ここでは例として、当サイトで利用しているSTORK19での貼り付け手順をご紹介します。

まずはGoogleサーチコンソールで、メタタグをコピーします。

次にWordPress管理画面で【外観】>【カスタマイズ】を開きます。

サイドメニューから【アクセス解析コード・headタグ】をクリックします。

続いて【head/bodyタグ】をクリックします。

<head>タグ内にコピーしたメタタグを貼り付け、【公開】をクリックします。

ここでエラーが出る場合は、レンタルサーバー側のWAF設定を無効にしてから再度お試しください。

Googleサーチコンソールの画面に戻り、【確認】をクリックすれば完了です。

④Googleタグマネージャー

4つ目は、Googleタグマネージャーを使う方法です。

Googleタグマネージャーを利用している場合、既にスニペットがサイトに設置されているため、これを使って所有権の確認ができます。

Googleマネージャーの導入方法は、以下の記事で詳しく解説しています。

⑤ドメイン名プロバイダ

5つ目は、ドメイン名プロバイダです。

WordPressご利用の方は、TXTレコードをレンタルサーバー側のDNS設定に貼り付けることで所有権の確認ができます。

ここでは例として、当サイトで利用しているレンタルサーバーのConoHa WINGでの貼り付け手順をご紹介します。

まずは、GoogleサーチコンソールでTXTレコードをコピーします。

次にコノハウイングの管理画面を開きます。【WING】>【DNS】を開き、対象ドメインをクリックします。

続いて、画面右上にある編集アイコンをクリックします。

次に画面左下の+アイコンをクリックします。

左のプルダウンから【TXT】を選択し、一番右の値の欄にGoogleサーチコンソールでコピーしたTXTレコードを貼り付けます。そのまま右下の【保存】をクリックしましょう。

Googleサーチコンソールの画面に戻り、【確認】をクリックすれば完了です。

まとめ:Googleサーチコンソールで所有権を確認しよう

Googleサーチコンソールの所有権の確認方法をご紹介しました。

Googleサーチコンソールが突然使えなくなったという場合、何らかの設定の変更により所有権が外れてしまっている場合があります。

そんな時は、本記事でご紹介した5つの確認方法を試してみてください。

Googleサーチコンソールの使い方に慣れてきた方には、中級者向け総合SEOツールのランクトラッカーがおすすめです。

キーワード選定からアクセス解析、競合分析まで全てランクトラッカーひとつで行えます。

詳しくは以下の記事で解説していますので、是非参考にしてみてください。