Googleタグマネージャー|アフィリエイトリンクのクリック数をまとめて計測しよう

アフィリエイトリンクのクリック数は、各ASPの管理画面にログインすれば確認できますよね。

しかし複数のASPサイトにアクセスするより、一箇所でまとめてチェックできた方がデータを分析しやすい思いませんか?

本記事では、サイト内に貼った複数のアフィリエイトリンクのクリック数を、まとめて計測する設定方法をご紹介します。

この設定をしておくと、Googleアナリティクス内で以下が計測できるようになります。

  • ASP毎のクリック数
  • 広告タグごとのクリック数
  • サイト内のどのページの広告リンクがクリックされたか
  • ページ内のどの広告リンクがクリックされたか

これらのデータをまとめて期間別に分析できるため、改善点が明確に見えてきます。

ご紹介する設定手順は、以下5ステップです。

  1. Googleタグマネージャーの導入
  2. Googleタグマネージャーの初期設定
  3. GoogleタグマネージャーとWordPressを連携
  4. Googleタグマネージャーとアナリティクスを連携
  5. GoogleタグマネージャーでASPの設定

それでは設定を進めていきましょう。

①Googleタグマネージャーの導入

まずGoogleタグマネージャーの導入から始めていきます。

ちなみにまだGoogleアナリティクスの導入が終わっていない人は、先にGoogleアナリティクスの導入から始めてください。

Googleタグマネージャーのアカウント作成

それではまずGoogleタグマネージャーのアカウントを作成しましょう。

Googleタグマネージャーを開きます。

画面右上の【アカウントを作成】をクリックします。

好きなアカウント名(後で変更可)を入力し、国は日本を選択します。

その下の【Googleや他の人と匿名でデータを共有】は、必要であればチェックを入れてください。(後で変更可)

次にコンテナの設定です。コンテナ名にドメインを入力します。

ターゲットプラットフォームを選択します。WordPressブログの場合は、【ウェブ】を選択すればOKです。

利用規約が開きます。画面右上の【はい】をクリックすれば、タグマネージャーのアカウント作成が完了です。

上記画面が開きますが、また開けるので一旦閉じてしまって大丈夫です。

②Googleタグマネージャーの初期設定

続いてGoogleタグマネージャーの初期設定として以下2つを行います。

  • 組み込み変数
  • ユーザー定義変数

最初にこの2つの設定をしておけば今後の手間が省けます。

組み込み変数(クリック)

まずは組み込み変数の設定です。

Googleタグマネージャーの画面で、サイドメニューから【変数】を開きます。

続いて画面右上の【設定】をクリックします。

画面右に開いた一覧の中から、クリックの6項目全てにチェックを入れれば完了です。

ユーザー定義変数(GoogleアナリティクストラッキングID)

次にユーザー定義変数の設定です。ここではGoogleアナリティクスのトラッキングIDを登録します。

まずサイドメニューから【変数】を開き、ユーザー定義変数の【新規】をクリックします。

左上名前の欄に【Google AnalyticsストラッキングID】と入力し、【変数の設定】をクリックします。

変数タイプの選択で【Googleアナリティクス設定】を選択します。

トラッキングIDの欄に、GoogleアナリティクスのトラッキングIDを入力し、画面右上の【保存】をクリックすれば設定完了です。

Googleアナリティクスの画面で、サイドメニューから【管理】を開き、【トラッキング情報】>【トラッキングコード】をクリックします。

ここにUA-などから始まるトラッキングIDが表示されています。

③GoogleタグマネージャーとWordPressを連携

ここまで、Googleタグマネージャーの初期設定が終わりました。次に、GoogleタグマネージャーとWordPressを連携していきましょう。

WordPressとの連携手順は、ご利用のWordPressテーマによって異なります。

ここでは代表してWordPressテーマのSTORK19と、Cocoonユーザーに向けた手順をそれぞれご紹介します。

Googleタグマネージャーの画面で、上に表示されているGTM-から始まるコードをクリックします。

このコードをコピーして、WordPress管理画面に貼り付けていきます。

WordPress管理画面で、【外観】>【カスタマイズ】を開きます。

サイドメニューから【アクセス解析コード・headタグ】をクリックします。

続いて【head/bodyタグ】をクリックしましょう。

ここにGoogleタグマネージャーのコードをそれぞれ貼り付け、【公開】をクリックすれば完了です。

Googleアナリティクス解析コードの欄にトラッキングIDを入力している場合は、タグマネージャーと重複するため削除しておきましょう。

Googleタグマネージャーの画面で、上に表示されているGTM-から始まるIDをコピーします。

次にWordPress管理画面で、【Cocoon設定】>【アクセス解析・認証】のタブを開きます。

タグマネージャーIDの項目に先ほどコピーしたIDを貼り付け、【変更をまとめて保存】をクリックすれば完了です。

Googleタグマネージャーを設定後、Googleサーチコンソールが使えなくなる場合があります。

Googleサーチコンソールの所有権の確認が外れてしまっている可能性があるため、以下の記事を参考にいくつかの方法で再度所有権の確認を行ってみてください。

④Googleタグマネージャーとアナリティクスを連携

次に、GoogleタグマネージャーとGoogleアナリティクスの連携作業を行います。

  • タグの設定
  • トリガーの設定
  • プレビューと公開

タグの設定

まずはタグの設定から行います。

Googleタグマネージャーの画面で、【新しいタグを追加】をクリックします。

続いて【タグの設定】をクリックします。

タグタイプの選択です。【Googleアナリティクス:ユニバーサルアナリティクス】を選択しましょう。

画面左上の名前の欄には【Googleアナリティクス】と入力しておきましょう。

Googleアナリティクス設定の欄で【Google AnalyticsトラッキングID】を選択します。そのまま画面を下にスクロールしてトリガーの設定進みます。

トリガーの設定

続いてトリガーの設定です。

【トリガー】をクリックします。

【All Pages】にチェックを入れて【追加】をクリックします。

【保存】をクリックすれば設定完了です。

プレビューと公開

ここまでの設定がちゃんと反映されているか、プレビューで確認します。

タグマネージャー画面右上の【プレビュー】をクリックします。

サイトのURLを入力し【Connect】をクリックします。

サイト上に上記表示が開けばOKです。右下の【Finish】で閉じましょう。

上記画面で【Continue】をクリックします。

プレビューで問題ないことが確認できたので、次に設定を公開します。

タグマネージャーの画面右上の【公開】をクリックします。

開いた画面右上の【公開】をクリックします。

バージョン名や説明の入力画面が表示されますので、任意で入力し【続行】をクリックします。特に必要なければ空欄で【スキップ】または【続行】をクリックしてもOKです。

これでタグマネージャーとGoogleアナリティクスの連携が完了しました。

⑤GoogleタグマネージャーでASPの設定

最後に、アフィリエイトリンクのクリック数を計測するための設定をしていきます。

ここでASPをひとつずつ登録していきます。

トリガーの設定

まずはトリガーの設定です。

【トリガー】を開き、【新規】をクリックします。

名前の入力欄に登録したいASP名を入力し、【トリガーの設定】をクリックします。

トリガータイプ一覧から、【リンクのみ】を選択します。

【タグの配信を待つ】にチェックを入れます。

条件設定で、【Page URL】【正規表現に一致】【.*】と入力します。

トリガーの発生場所で【一部のリンククリック】を選択します。

条件はASPによって異なりますが、A8.netの場合は、【Click URL】【含む】【a8.net】と入力します。

以下は代表的なASPの条件入力例です。

ASP名一致条件
A8.net含むa8.net
もしもアフィリエイト含むmoshimo.com
バリューコマース含むvaluecommerce.com
アクセストレード含むaccesstrade.net
infotop含むinfotop.jp
afb正規表現に一致(affiliate-b\.com|afi-b\.com)
Amazonアソシエイト正規表現に一致(amazon\.co\.jp|amzn\.to)
楽天アフィリエイト正規表現に一致(rakuten\.co\.jp|a\.r10\.to)

画面右上の【保存】をクリックして完了です。

タグの設定

次にタグの設定です。

【タグ】を開き、【新規】をクリックします。

名前入力欄にASP名を入力し、【タグの設定】をクリックします。

タグタイプは【Googleアナリティクス:ユニバーサルアナリティクス】を選択します。

トラッキングタイプで【イベント】を選択します。

カテゴリにASP名、アクションは【Click URL】、ラベルは【Click Text】【Click URL】を選択。

Googleアナリティクス設定で【Google AnalyticsトラッキングID】を選択しましょう。

続いてトリガーをクリックします。

同じASP名を選択します。ここではA8.netを作成中なのでそれを選択します。

画面右上【保存】をクリックします。

【公開】をクリックすれば設定完了です。

これを各ASP毎に繰り返し設定すればOKです。

Googleアナリティクスでクリック数を測定

ここまでで全ての設定が終わりました。

あとはアフィリエイトリンクのクリック数をGoogleアナリティクスで確認するだけです。

計測結果は、Googleアナリティクスの【行動】>【イベント】の中で確認できます。

【行動】>【イベント】>【概要】を開くと、設定したA8.netが反映されています。これは、誰かがアフィリエイトリンクをクリックするまでは表示されませんので、それまで待ちましょう。

また、【イベント】>【ページ】を開けば、サイト内のどのページでアフィリエイトリンクがクリックされたか集計できます。

まとめ:Googleタグマネージャーを活用しよう

Googleタグマネージャーを使って、アフィリエイトリンクのクリック数を測定する方法をご紹介しました。

この機能を活用してアクセス分析し、今後の収益アップにつなげていきましょう。